HOME > 経営シリーズ > 通巻リスト  > グループ物流構造の抜本的見直し

生産・物流 - 物流戦略、物流革新

グループ物流構造の抜本的見直し

No.586 2019年2月号

お問い合わせ

今月の視点

  昨今の物流業界では、人手不足や従業員の長時間労働改善、ネット通販関連の貨物量増加などに伴い、大手事業者を中心に運賃値上げが行われ、荷主企業の損益に与える影響が高まっている。
  このような状況の中で、一部には送料の顧客負担化へ方針転換する企業も徐々に出始めており、慎重に検討を重ねた結果として決定されたものだと推察される。一方で、物流構造や物流 拠点体制そのものを抜本的に見直すことで、いかに物流費を下げるか、いかに顧客満足度を高めるかといった努力も継続的に行われている。

  今回は、事業環境の変化を機に自社の物流網を根本から見直した事例を紹介したい。


目  次

グループ物流構造の抜本的見直し
1  A社グループの事例
2  留意点

コンサルティング実績

  • テーマ別
  • 業種別